サークルをやめました。

 

f:id:ayakati:20180529150939j:plain

今日、私は所属しているサークルをやめました。

 

悔いはありません。

 

やりたい事があったからです。

 

 

もともと自分の所属していた学祭を運営するサークルは、組織が硬く、学祭が終わった後、来年1年間続けるかどうかの紙を提出します。

 

そこで私は「進」を提出しました。

せっかく学祭を続けるのなら何か得たいと思い、担当官というものにも立候補しました。面接もしてもらい、2月の中旬の結果を待つのみとなりました。

 

 

と、いうところまで来たのですが、私は結局やめました。

幹部の人にラインをし、話をしたりと時間を割いてもらい、

途中でやめられない組織だという話もしてもらい・・・。

そこまでして私がやめたかった理由とは。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を変えたかった。

 

私は、3月に海外ビジネス武者修行プログラムに参加するのですがそこでの事前研修がありました。

 

そこで会って喋った人たちに圧倒された。

 

びっくりしました。

 

学生ながら会社に所属している人、海外に行って自分探しをしている人、夢を追いかけていろいろな活動をしている人。などなど・・・。

 

そんな経験豊富な方達とお話できる素敵すぎる時間でした。

 

最初は「年上の人ばっかだろうなー!!」

と思っていましたが、同い年の人もたくさんいて、しかも自分よりもはるかに大人でびっくり。

同い年なのに私よりも考えが何千倍もしっかりしていていろいろなことに挑戦していて圧倒された。

みんなコミュニケーション力あるし、話を聞くのもすごく上手。

私も今まで、話すことは好きだったし、コミュニケーション力はてっきりある方だと自負していました・・・。

 

しかし

経験が浅いため、話す内容も薄っぺらく、そんな自分が悔しかった・・・。

 

「すごいなあああ!!!!」

っていう気持ちと

「私も負けてられないな!!!!!」

という気持ち。

 

この事前研修が終わった後からfacebookを活用するようになり、

いろいろな縁もあり、ブログを始めることになりました。

 

 

その時に思いました。

「自分を変えるには、環境を変えないとダメだ」

って。

 

自分のいる環境を変えるだけで、見える世界が変わる。

周りにいる人も変わってくる。

 

そう思ったので、環境を変えるためにサークルをやめました。

 

 

学祭を作り上げている幹部の方やその仲間にはこの1年たくさんお世話になったし、得たことももちろんあります。

このような形でやめてしまうのは、本当に無責任だなと思います。それに迷惑をかけてしまったと思っています。

 

 

それを分かってても自分を変えたかった。

これは自分で決めたこと!

 

もしやめなくて後悔するなら、やめて後悔した方が絶対いいと思いました。

それに後悔することはないだろうと思います。

 

 

ここまできたなら誰に何と言われようと自分の意思を貫いて、

もっともっと自分の見えない世界に突っ込んでみたい。

 

そしてもっと自分を成長させたい。

 

いろんなところに足を運んで今まで会ったことのない感情にあってみたいのも自分がやりたいことの一つ。

 

私は流されやすいタイプだけど、

今回の件では、自分の意思を最後まで突き通すことができてよかったと思います。

 

でもまだまだ自分は弱くて未熟な部分がたくさんある!

というより未熟すぎる。

 

もっとしっかりした意思を持てるようになりたいし、

いつか自分も頼られるような存在になれるように頑張ろ☺︎