「本」の力は偉大すぎる話。

 

こんにちはあやかです。

 

皆さんは本を読んだりするのでしょうか・・・?

 

私は、大学生になってから本を読むようになりました。

大学生になってようやく本の魅力を知ったので、共有したいと思います。

 

 

本は自分の背中を押してくれた

 

思い返してみると、自分がどうしようか悩んでいる時に解決してくれたのは本でした。

 

私は今まで本を全く読んだことがなかったのですが、

大学受験が終わった後、たまたま図書館に行って出会った本に

とても背中を押されたのが、本を読むようになったきっかけです。

 

 

当時浪人するか悩んでいました。

「浪人してもう一回チャレンジしたい・・・。」

「だけどまた失敗するのは嫌だ・・・。」

「浪人したいけど勇気出ない・・・。」

頭の中はこのことばかり。

 

そんな時に出会った本にすごく背中を押されました。

 

本の内容としては、学歴3流の大学生が見事、大企業外資系の就職先に内定が決まり、いろいろなことをしていてなんかすごい人になってた話。

 

ざっくりいうとこんな感じ。笑

 

私は学歴が全てだと思っていたので、

この本を読んだ時、純粋に驚きました。

 

この本を何回も読み、ノートにまとめたりした結果、

「大学の学歴で、今後の人生は左右されない」

ことがわかりました。

「まあそりゃそうだろ」と思う人もいると思いますが、

当時の私はそれに気づかなかった。この本は私の偏見を覆してくれたのでとても感謝しています。

 

 

そして私はこの本をきっかけに私は進学を決意。

この本を読んでいなかったら、今の私はどうなっていたんだろう・・・?

すごく気になります。笑

 

ちなみに、本を2回以上読むのもこの本が初めてでした。

そこではじめて気がついたのですが、1回目と2回目とでは読んだ後の感覚が違う!!!!これはホントです。

1回目読んだ時には気づかなかった本の奥深さというか、著者が伝えたかったというか。

 

前にお話しした先輩が

「本を1回読んだだけでは筆者の気持ちなんて読み取れないよ」

と言っていましたが、まさにこのことなんだなーと思いました。

 

 

その後、いろいろ自己啓発本を読んで

考えが変わりました。

 

自分が今、こういう風に考えるようになったきっかけを

作ってくれたのは「本」。

 

だから本の力って偉大だね・・・。

 

 

ぜひ本を読んでみよう

 

本を読むことによって、いろいろな人の価値観を知ることもできます。

「へえ。この人はこんな風に考えてるんだ〜。」

と新しい発見があったり、

「こんな解決法あったんだ!」

と気がついたり。

 

先日ブログにも、書きましたが

サークルを辞める時も、

本に背中を押されました。

 

 (これサークルやめた時に書いた記事!)

ayakati.hatenablog.com

 

 

ちなみにその時読んだ本はこちら。

 

好きなことだけして生きていけ

好きなことだけして生きていけ

 

 

何回読んでも心にしみるいい本。

 

高橋歩さんが書いた本もだいすき。

人生の地図

人生の地図

 

 

 

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

 

 

 

FREEDOM

FREEDOM

 

 

一つ一つの格言が深いんですよね・・・。

 

偏見まみれな自分の脳を浄化してくれる。

「えええこういう考えもあったんだ」

って気付かされる本。

同時に

自分の中の選択肢がなさすぎることに気づかされる本。

 

 

他にもおすすめの本はありますが今日はここらへんで。

 

記事を書いてたら、もっと本読もうと刺激されました。笑

 

本を全然読まないひとはぜひ読むことをオススメします!

 

読むひとはオススメの本教えてください!!!

 

次は堀江貴文さんの本が読みたいなー!